公的住宅ローン

公的住宅ローンにはいくつかの種類があります。まず最初にご紹介するのは『住宅金融公庫融資』と呼ばれて、 国の財務融資資金を利用する住宅ローンです。利便性が高かったため多くの人が利用してきましたが、18年度末に廃止となり独立行政法人住宅金融支援機構へ引き継がれました。 それによって直接融資をする形式ではなく、民間が行う融資の支援・補完という役割を担うことになります。

『財形住宅融資』公務員やサラリーマンの財務貯蓄を還元して融資を行います。公的住宅ローンの中では最も低金利です。 金利は5年ごとに見直され、金利に上限/下限がありません。そのため、金利が急上昇した際には未払い利息を支払う必要が出てきます。 『自治体融資』各都道府県や市町村に一定期間定住した方を対象として、自治体が窓口になり行っている住宅ローン。融資する方法は、 自治体の予算を利用して直接融資する方法/自治体が金融機関を斡旋し、金利の一部を負担する方法など、自治体ごとに融資の種類は異なります。 公庫の融資が廃止されたことに伴って、内容が見直されはじめています。たとえば、個人住宅の建設や個人住宅の購入に融資することを主としていたが、 福祉や少子化対策に融資することを主とする。といったように、資金の流れが変化しつつあります。最新の制度を知ることから始める必要があります。

○民間住宅ローン:民間の住宅ローンについて知りたい方はこちらサイトが役立ちます⇒⇒⇒ 住宅ローン
○注目情報:たった1分の簡単入力で最高額がわかる車買取の一括査定サイトです⇒⇒⇒ 車買取 査定